yamamizuh’s diary

沖縄県の北部・東村にある自然と民俗の博物館です

オキナワギクとトックリキワタの花

みなさんこんにちは。
天気の良い日曜日🌞

NPO法人沖縄有用植物研究会さんと一緒に植栽したオキナワギクが綺麗に咲いています。

 


当館にお越しの際は、ぜひ公園側の花壇も覗いてみてくださいね🌸

 

【10/8 植栽会の様子↓】

https://yamamizuh.hatenablog.com/entry/2022/10/08/000000

3枚目▶駐車場側のトックリキワタの花も綺麗に咲いていますよ~🌸



*
*
山ちゃんが掃き掃除したのですが…翌日ピンクの絨毯になっていました(^-^;

博物館周辺の花も楽しめます♪

📸写真選抜展も好評開催中です。


ぜひ東村の博物館へ♪(*^^*)

朝の散歩で発見👀

日課である朝の散歩中にきれいな蝶?蛾?を発見したそうです。

これは、サツマニシキ Erasmia pulchella nipponica

本州から南西諸島にまで分布しているマダラ蛾の一種で、

最もきれいな蛾の一つらしいです。

本種は危険を感じると泡状の黄色い物質を分泌するらしいので、手に乗せてみたんですが、今回は出してくれませんでした(;´д`)

 

あまり触ってもかわいそうなので、写真を撮ってリリース

 

とてもきれいなので見かけたら写真を撮ってみてください。

 

山里

沖縄県芸術文化祭 選抜写真展準備中です📷

11月19日より開催いたします。沖縄県芸術文化祭 選抜写真展の準備中です。

準備しながら作品を盗み見ましたが、どの作品もすごい!

 

ぜひ皆様足を運んでみてください。

 

写真展の詳細は以下から

https://www.instagram.com/p/Ck4393ouXnf/?utm_source=ig_web_copy_link

 

山里

クロボシセセリ

以前、オガタマノキの掃除に行った際に見つけたクロボシセセリ Suastus gremius (セセリチョウ科)。

 

鳥のフンを吸っており、近くで撮影しても気にもとめない(笑)

ヤシが食草らしく輸入の際に入ってきたと考えられているそうです。

周りはクロツグ(ヤシ科)だらけですからね~

 

尚子

ショウベンノキの実

かわいい実なのに、強烈な名前の植物です。

博物館の周辺でオレンジの実を付けていました(*´ω`*)

このショウベンノキ Turpinia ternata Nakai (ミツバウツギ科)は、幹を切ると水滴が多く出ることと、葉が3枚ずつ付く(三出複葉)で縁がギザギザしているところが特徴です。

覚えやすい衝撃的な名前もこの特徴から付いたと言われているそうです。

 

東村の方言では、シーバイギー、ユシバイギー と呼ばれています。

そのまんまですね(笑)

 

尚子